上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回『PEUGEOT』のレストアの続きです。

ホイールの錆を落とそうとアルミニウムでも使用出来る錆落としを購入
しました。

錆落とし剤

2600円もしたのでちょっと効果を期待します(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
落ちへん・・・・・・・・(泣)

仕方ない・・・・
次なる新兵器!
(戦いとは常に一手二手先を考えておくものだよ・・)

ワイヤーブラシ

ジャーン!・・ワイヤーブラシィ~~~(100均!)

リューターは持っているのでそれに使えるブラシです。

コレを使用すれば

リムビフォー

こんなリムも

リムアフター

こんなになります!

ハブビフォー

こんな酸化が進んだきちゃナイハブも

ハブアフター

こんなにピカピカになりました・・・・・

最初っからこうすれば良かった・・・・・・
2600円返して・・・(泣)

但し20インチのホイール一本綺麗にしたら・・・

ワイヤーブラシ2

写真右の様に使い物にならなくなります・・・・
ホイール一つに一本のブラシ・・・・まぁ105円だから良いかぁ
役にたたない2600円の錆落としより遥かにましだな・・・・・

多分100均のブラシじゃなかったらもう少し持つのだろうがあまりブラシのワイヤーが
強かったら逆にホイールが負けて傷だらけになるだろうからこれでちょうど良いのだと
思います。

これならヘアーラインもちゃんと残っていますよ!

あ~そうそうフレームの錆、塗装剥げの仕上げですが

ビフォー

これの汚れを落として

アフター

こうなったのは前回紹介しました。

あれからどう処理したのか・・・・

まず錆部をホルツの錆チェンジャーと言う物を使用して赤錆を黒錆に化学反応させ
チェンジさせます。

黒錆はそれ自体がメッキの役割をしてそれ以上錆が進行しなくなります。
更にその上から塗装も出来ちゃうのです!

で、

フレームアフター

この様に写真だと殆どわからなくなりました!!

今回はここまでです。

続きはまた今度!



スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。